無印良品 スリムアームソファを1年使って

Home / / 無印良品 スリムアームソファを1年使って



IMG_1106

私事ですが、今月で今の家に引っ越して丁度1年が経ちました。

つまりはタイトル通り、ソファを購入し1年が経過しました。

ちなみに過去の記事はこんな感じ。

 

無印良品 スリムアーム2シーターソファ

無印のソファカバーを変更。麻綿平織 ブラウン

 

今回はそのソファの長所、短所両面のレビューを書いてみようと思います。

IMG_4633

メリット




・メンテナンスが容易。カバーの洗濯、クッション材のローテーション、場所の移動等。

カバーはマジックテープで留めているだけなので容易に外すことが出来、基本的には(?)家の洗濯機で洗濯できるはずです。そしてクッション材も同様マジックテープで留めているだけなのでソファの寿命を長持ちさせるために位置を回してあげることも容易です。そして足が約10cmあるので下を掃除するのも比較的容易です。

 

・カバーの入手性が安定している。

これは無印良品の定番モノは全部そうですが、どこの店舗でも基本的には廃盤にならねければいつでもカバーを買い換えることが出来ます。何年か経ってカバーが古くなっても、同じモノが恐らく流通しているだろうというのは非常に安心です。

 

・カラーバリエーションが豊富。

これは上と同様カバーについてですが、色や素材のバリエーションが非常に豊富です。夏は夏らしいモノ。冬は冬らしいモノと付け替えて使うのも容易なので、例えば引っ越しで家具のテイストを変えたとしても汎用性が効きやすいんですね。

 

IMG_0388

デメリット




・クッション材がくたり始めている。

これは中身がウレタンだから仕方ないと言えばそうかもしれません。ウレタン→羽根→ポケットコイルといった順に値段が上がりますが一般的に低価格帯のソファは無印に限らずウレタンです。強いて言うならば自分もちゃんとローテーションしていなかったのでローテーションを頻繁にすればもっと違うとは思います。

もし予算があるならばポケットコイルにしておけば、カバーは前述の通り入手性が高いので10年でもそれ以上でも使うことが出来る位のポテンシャルはあると思います。

逆に3〜5年を目安に使うんであればウレタンか羽根で良いかなと思います。

 

・ワイドアームの方が良いかもしれないと時々思うスリムアーム。

決してスリムアームが悪いなんてことはありません。ただ、ソファに横になって足をかけたり、腕を乗せたりすると細いと痛いんですよやはり笑

それと物を置けるというのが地味にワイドアームの良いところ。少しiPhoneや飲み物のコップを置きたいといった時、わざわざテーブルに置くのは不便かなと。

 ただ、ここは一長一短。ワイドアームだとやはり幅があるので置く場所を微妙に選ぶ場合も。デザイン的にもどちらが良いとは一概に言えない。

難しいところです。

 

 

IMG_0387

1年使ってみた感想はこんなところ。総合評価では買ってよかったという感じ。

検討している方の参考になれば幸いです。

Related Projects